読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

北の果てであいましょう

2003年 、30歳のある夜に脳出血(右脳被殻出血)を発症。後遺症で左半身不随(片麻痺)の重度障害者となってもそれなりに続く「フツーな日々」をしれっと綴っていきます。

東銀座の洗濯男

片麻痺障害者の旅行

f:id:northerncalling:20160511202415j:image

出張も明日で終了。今晩も定宿のヴィアイン東銀座なのですが 
本日はフツーのシングルが満室でとれず、
なくなく割高なデラックスシングルといたしました。
(経理さん見逃してくだされ…。)
 
さてこのお部屋、ちょっとだけ広いかなあと思ったら机がない。
テーブルとソファーはあるのゆったり仕様なのですが、
パソコンを打つには今一つ肩がこる高さでして、
微妙かなあ…と思ったらこの部屋…洗濯機を備えていました!! 

おかげさまでこの3日分の汚れ物を一気に処理できます。
そもそも各フロアにあるコインランドリーを使えばいいのですが、
再び装具をつけて取りに行くのも面倒でして…。
あ~楽。この楽さがまさにデラックス…。
長い出張の時はまた使おう…。

ここもユニットバス部分の段差はなく、使いやすいです。
片麻痺的にはバリアフリーといえるでしょう。
フロントは2Fですがエレベータあります。