北の果てであいましょう

2003年 、30歳のある夜に脳出血(右脳被殻出血)を発症。後遺症で左半身不随(片麻痺)の重度障害者となってもそれなりに続く「フツーな日々」をしれっと綴っていきます。

用賀の男

そうそうくることがないだろうと思ってたのに…。またお仕事でやつてきました。

この駅に来る際、わたしは渋谷から田園都市線に乗り換えるのですが、渋谷駅が人の多さでも設備面でも結構なバリアフルワールドなので、帰りの立ち寄りが面倒なのですがキャリーバッグをホテルに置いてきました。

さあ、かんばろ…。

 

f:id:northerncalling:20170915120542j:image

さよならスタージェットの男

f:id:northerncalling:20170811121350j:image
お盆時期に暑いTDLです。人多すぎて気力がそがれる…。
…はともかく、

レトロフューチャーでなんとも「遊園地」な趣が魅力のスタージェットが今年10月10日で無くなる…とのことで、記念に乗ってみました。

(ゲストアシスタントパス利用の)身障者、健常者ともにエレベーターでご案内です。

機体乗り込みでばたついたので、シート等の写真は撮れませんでしたがなかなかむずかしかったです。はっきりいますと、手伝いなしで乗るのはちょっと危ないかも。

わたしの場合のサポートは以下。

・乗り込み用の段差軽減のため踏み台を用意してもらいました。

・乗り込み時の機体の揺れをスタッフさんが手で抑えてくれました。

・片手で装着が難しい位置のシートベルトの装着してもらいました。

のってみると、すさまじく遠心力のかかる中、片手のレバーで全身を

支えるという片麻痺的には本当に迫力ある(怖い)乗り物でした。

親切に乗り降りをサポートしてくれたスタッフの皆さんに感謝いたします。

…さて、わたしたちは待ち時間の際にシールを頂きましたが、

ほかにもいろいろ催しや限定品があった模様。

ご興味のある方は公式サイトをチェックしてみてください。

 

www.tokyodisneyresort.jp

 

 

 

ホテルミラコスタの男

舞浜ベイで一泊。せわしなくホテルミラコスタにやつてきました。

この夏はUSJより…いやそれよりはるかに?派手に水をかけられるイベントがあり、装具までぐっしょり濡れるはめに…。

デイズニーがここまで派手にやるとは想定外でした…。

ミラコスタは開演時間内ならば園内にも入口があるため、こういう時便利です。

たかいけど…。

私らは港が見える中でも比較的廉価なへやでしたので、ショーを見るには厳しい角度の窓だったのでチェックしませんでしたが、

閉園後の車輌の動きや朝のキャストさんらの練習風景等、ちょっと珍しいものをみさせてもらいました。

バリアフルかどうかについては、築十年くらいですのでフツーにバリアフリーですが、横に広いホテルですので結構歩かされます。

今夜はここにもう一泊。連泊取れなかったのでまた荷造りせな…。

 

f:id:northerncalling:20170809072807j:image