読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

北の果てであいましょう

2003年 、30歳のある夜に脳出血(右脳被殻出血)を発症。後遺症で左半身不随(片麻痺)の重度障害者となってもそれなりに続く「フツーな日々」をしれっと綴っていきます。

奥入瀬渓流の男


f:id:northerncalling:20160507064944j:image
星野リゾート 奥入瀬渓流ホテルに2泊いたしました。思いがけずいろいろありましたがほばほぼもちなおしております。

さて、バリアフリー関係をば。
ここも星野リゾートに多い大型施設の買収&再生展開のホテルですので、大浴場など大改修が大変なものは旧施設の影響(いってしまえばバリアフル度合)を色濃く残すことになります。

もちろん、岡本太郎の素晴らしいオブジェなど旧施設の良いところを残し、活かしているともいえます。

さてお風呂。一部だけですが。。

東館二階の大浴場はほぼほぼフラットですので片麻痺さんもそこまで苦労しないかと。入口に風呂椅子が一つあります。

一方、湯槽は左片麻痺には導線が少ないかもです。逆に出るときは右片麻痺さんは少ない。
とくに最後の一段が結構深いので昇降には注意をもって臨んでください。

露天風呂は床面フラットで導線も複数
意外といけます。
ただここも最後の一段が深いのでお気をつけをください。

低層で広いという豪華な建物ですので、とにもかくにもよう歩くことに。(これはいいことですね。)